会社沿革

2001年 6月 臼井功次と眞田和子が臼井不動産株式会社を創設。
2001年 6月 横浜市栄区に「本郷台営業所」を開設。本社登記する。
2002年 5月 横須賀市久比里に「くびり営業所」を開設。
2002年 10月 横須賀市久里浜に「久里浜営業所」を開設。
2003年 5月 富士火災海上保険の正規代理店として事業開始。
2003年 8月 横須賀市三春町に「堀ノ内営業所」を開設。4店舗となる。
2006年 11月 横須賀市の中心部に用地を取得し、木内建設に発注して9階建てのテナントビル建設に着手する。
2007年 10月 伊東健司が代表取締役社長に就任し、臼井功次が代表取締役会長に就任し、2人代表制となる。
2007年 12月 臼井不動産として初めての賃貸収益ビル、「ヨコスカ・タワービル」が完成しテナント募集を始めた。
2010年 3月 横須賀市県立大学駅に、土地180坪、7階建35室の賃貸マンションを建設して新築ビルの1棟売りビジネスを開始。
2011年 8月 横須賀市浦郷町に保険会社の中古ビルを購入し、会社の資産として2棟目の賃貸収益運営を行う。
2012年 4月 臼井達也が取締役として昇格、役員は4名となる。
2012年 6月 臼井功次が代表権を返上し、社長の伊東健司を一人代表とする。
2012年 7月 京急久里浜駅前に商業地を取得。重量鉄骨2階建ての建物が完成。久里浜営業所とする。従来の久里浜営業所と横浜営業所は統合し、久里浜店を本社登記をする。
2012年 9月 横須賀市小川町に商業地を取得。投資家向けに11階建ての賃貸マンション「臼井不動産レジデンス」の建設に着手する。
separate-bar-sin